忍者ブログ

TONAKAIの駅弁だいすき!

日本全国を旅行して食べた駅弁についてのあれこれ。ときどき駅そば。たまに名物。

【あそ1962】阿蘇のうなり

今はもう廃止になってしまいましたが、熊本〜宮地の間を走る「あそ1962」という観光列車がありました。

レトロな昭和の雰囲気の内装の、落ち着いたかんじの列車でした。

他のJR九州の列車と同様、水戸岡鋭治氏のデザインです。



そしてなんと、この列車専用の駅弁が考案され、車内で売っていました(主には予約が必要でしたが、このときは乗車時に注文しました)。

それが「阿蘇のうなり」です。



「うなり」というのは「宇奈利」と書いて、阿蘇のお祭りで神様に差し出すお膳のことなんだそうです。

掛け紙をはずすと、すのこに巻かれた駅弁が。



おもしろいのが、この駅弁は地元阿蘇の有名店が6軒で集まり、共同でつくっているということです。



「五目炊き込みご飯と煮物」は「お食事処 はなびし」。

「馬スジの煮込みとハンバーグ」は「阿蘇とり宮」。

「豆腐てんぷら」は「木村とうふ店」。

「ハムカツ」は「ひばり工房」。

「しょんしょん(もろみ)」は「やまべ麹屋」。

「季節の甘味」は「後藤万十店」、といった面々です。



どの料理も手が込んでいて、とてもおいしかったです。

もう食べられないのが本当に残念!

ごちそうさまでした!

【購入月】2010年8月
【価 格】1,200円
【購入所】JR九州 観光列車「あそ1962」車内
【調整元】上記6軒
【推薦度】★★★★★
※価格は購入時のものです
にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へ




PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

スポンサードリンク



カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[04/07 TONAKAI]
[04/07 短パン旅行]
[12/27 TONAKAI]
[12/27 短パン旅行]
[10/16 TONAKAI]

プロフィール

HN:
TONAKAI
性別:
男性
職業:
作曲家
趣味:
乗り鉄
自己紹介:
ピクチャーロジック、シロクロドッチの第1管理人。
音楽関係の仕事をしています。

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

Copyright © TONAKAIの駅弁だいすき! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]